乃木坂46プラネット(乃木坂46まとめ)

乃木坂46に関する話題をまとめています。

西野七瀬

【乃木坂46】西野七瀬ってもしかしてソロデビューするんじゃね?

1: 君の名は(地震なし) (8段) 2018/12/03(月) 15:38:49.13

未定とか言ってるけど、ソロアイドルデビューしそうじゃね?
ソロ曲1番多いしな。秋元康が企んでそう。

https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20181203/akb18120305020002-s.html
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

【乃木坂46】西野って卒業後やりたいとこ決まってないとか無欲ぶってるけどどうせ女優やるんだろ?

1: 君の名は(地震なし) (8段) 2018/11/25(日) 19:58:58.11
正直に言えよ
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

【乃木坂46】西野七瀬、来年2月地元で卒業コンサート決定!京セラD大阪「バスラ」過去最大4日間で約18万人動員見込み

1: ジョーカーマン ★ 2018/11/23(金) 09:34:11.68 ID:CAP_USER9
乃木坂46西野七瀬(24)の卒業コンサートが、来年2月に地元の京セラドーム大阪で開催されることが22日、分かった。
デビュー7周年を祝う「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が2月21日から4日間同所で行われ、最終日の同24日公演が西野の卒業コンサートとなる。
「いつかここでライブができるように頑張ろう! と思っていた場所で最後にライブができること、すごくうれしいです」と喜んだ。

西野は12年2月のデビュー以来全てのシングルで選抜入りし、白石麻衣(26)斎藤飛鳥(20)とともに人気スリートップを形成。
今年9月に卒業を発表した。
発売初週でミリオンセールスを達成した最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」ではセンターを務めている。
グループ初の京セラドーム公演開催とタイミングが合い、大阪出身の功績者の花道が決まった形だ。

乃木坂46毎年恒例のバースデーライブが、関東以外で開催されるのは初めて。
1日約4・5万人、4日間で約18万人の動員を見込み、過去最大規模の公演となりそうだ。
ドームでの4日間公演も初めて。
今年いっぱいで乃木坂46としての活動を終了する西野は、初日から3日目公演までは出演せず、最終日のみの出演となるという。

西野と同じ1期生で、大阪出身の松村沙友理(26)は「バースデーライブを大阪で開催できてすごくうれしいです。ついにドームまでたどり着けました」と喜び、「地元にいた頃からたくさん思い出がある場所なので、メンバーと一緒にこのステージに立てることがとても楽しみです。七瀬も最後のライブなので、たくさんのことをかみしめながら大切なライブにしたいです」と話した。
また、西野は「今までの感謝の気持ちを持ちながら、大事に大事にパフォーマンスしたいです」と意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00400102-nksports-ent

乃木坂46 西野七瀬
http://pbs.twimg.com/media/DniLLWAVYAI1-CS.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DnnoynmU8AEAvIf.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CwejCJdVIAAmmK1.jpg

乃木坂46
http://pbs.twimg.com/media/DrjjZ6DV4AAwSPK.jpg

続きを読む

【乃木坂46】西野七瀬卒業シングル『帰り道は遠回りしたくなる』、初週売上げ1,103,609枚 ミリオン達成!

1: ジョーカーマン ★ 2018/11/19(月) 19:30:23.92 ID:CAP_USER9
年内にグループ卒業を発表している西野七瀬が表題曲のセンターを担当、乃木坂46の22枚目のSG『帰り道は遠回りしたくなる』が、初動3日間で961,142枚、その後14万枚超売り伸ばして、初週累計1,103,609枚を売り上げ、週間シングル・セールス・チャート首位を獲得した。
前作『ジコチューで行こう!』は、初週累計1,052,776枚を記録、当週6,052枚セールスで同16位、発売以来累計で1,393,797枚と140万枚目前にまで迫っており、今作がこちらを上回る成績を上げることとなるか、今後も注目の作品となる。

8月に新メンバー3名が電撃加入し、グループが新体制となってから初のSG、M!LK『Over The Storm』は、初動3日間で59,595枚、その後約2万5千枚を売り伸ばし、初週累計85,428枚で同2位となった。
3年半ぶりのSG、BUMP OF CHICKEN『話がしたいよ / シリウス / Spica』は、初週累計59,238枚で同3位だった。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2018年11月12日~11月18日までの集計)
1位『帰り道は遠回りしたくなる』乃木坂46(1,103,609枚)
2位『Over The Storm』M!LK(85,428枚)
3位『話がしたいよ/シリウス/Spica』BUMP OF CHICKEN(59,238枚)
4位『愁いのPrisoner/YOUR SONG』GLAY(28,686枚)
5位『アゲンストザペイン』BiS2nd(28,669枚)

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/70001/2

MV
乃木坂46 『帰り道は遠回りしたくなる』
https://www.youtube.com/watch?v=s1cgEj5JowM



乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 センター西野七瀬
http://pbs.twimg.com/media/DqMwsSUVsAEfrig.jpg
乃木坂46
http://pbs.twimg.com/media/DqpO1QUV4AAZWZL.jpg

乃木坂46 西野七瀬
http://pbs.twimg.com/media/DniLLWAVYAI1-CS.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DrU5SarXgAEHUon.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Dp4DFoGU0AAGAVb.jpg

続きを読む

乃木坂46「西野七瀬」卒業で争奪戦スタート 女優進出で“前田・大島化”懸念も勝機あり?【乃木坂46】

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/11(日) 09:12:07.37 ID:CAP_USER9
年内をもって乃木坂46を卒業する西野七瀬(24)に、早くも事務所による争奪戦が勃発。本格的に女優業に乗り出すと目されている。

 ***

総選挙のあるAKB勢と違い、坂道には明確な人気順位はない。しかしながらメディアその他で西野が紹介される際には“絶対的エース”と呼ばれることがあるから、グループの顔の一人であることは間違いないようだ。

そんな彼女がブログに、

〈いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします。m(_ _)m〉

と綴ったのは9月20日のことだった(※改行は省略)。唐突かつアッサリな卒業発表に、5月に週刊文春が報じた“2年前のお泊りデート”報道の影響を指摘する声もあったが、
本人によれば〈卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして〉ということらしい。

また卒業を発表したブログでは、〈一人になってからも、このお仕事は続けていきたい〉と芸能界を引退しないことも明言している。
となると気になるのが、その後の所属だ。現在はグループメンバーが所属する「乃木坂46合同会社」に籍を置いている。

「卒業コンサートが年明けに予定されているので発表はまだ先になりそうですが、早くも芸能プロダクションの間での争奪戦は始まっています。
ソロになって歌手に、というタイプではなさそうなので、方向としては女優というのが濃厚。『あさひなぐ』、『電影少女』で映画とドラマで主演に抜擢されて、キャリアもありますからね」(芸能関係者)

「太田プロ」はない説

AKB系列の場合、メンバーは各々が別の事務所に所属している。たとえば総選挙1位の松井珠理奈(21)はアービングに属し、
3位の須田亜香里(27)はTWIN PLANET ENTERTAINMENTに籍を置いている。
対して坂道の場合、乃木坂メンバーは先述の「合同会社」、欅坂は「Seed&Flower合同会社」預かりが基本であるらしい。

「正確にいえばAKBの子たちも一度『AKS』に所属し、そこから大手に移るわけです。
運営が自分たちのところで育て、有力なプロダクションへ“売る”イメージでしょうか。一応、坂道はAKBの『ライバル』であることがコンセプトですから、
所属のシステムも差別化をはかりたかったのではないでしょうか」(先の関係者)

ただし、卒業後となれば話は別のようだ。今年4月にグループを抜けた生駒里奈(22)らのように、
引き続き「合同会社」に所属するケースもあるにはあるが、深川麻衣(27)は現在「テンカラット」所属であるし、永島聖羅(24)は「ホリプロ」である。

「西野の場合、一般層にもある程度は顔と名前が知られていますし、今が旬の坂道の卒業生ということで、話題性もある。
プロダクションとしてはぜひ欲しい人材でしょう。移籍先を考える際のポイントは、需要と同時に、運営の“思惑”です。
運営としても、育てたタレントを使って、いろいろな芸能事務所と広く関係をもちたいという意図はあるはず。
そうなると、既に関係ができあがっている所へ西野を送るというのはちょっと考えにくいですね。
前田敦子(27)や大島優子(30)らがいる『太田プロ』は、AKB勢が移る先としてのイメージが強いですから、移籍先としてないと思う。断言はできませんけどね……」(同)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00551505-shincho-ent
11/11(日) 7:31配信

続きを読む
記事検索
カテゴリー
過去の記事(ランダム表示)
ギャラリー
  • 【乃木坂46】西野七瀬卒業シングル『帰り道は遠回りしたくなる』、初週売上げ1,103,609枚 ミリオン達成!
  • 【AKB48】お前らメキシコにいるあんにんこと入山杏奈さんを忘れていないかい?
  • 22/7(ナナブンノニジュウニ)の花川芽衣が乃木坂46の西野七瀬に似ていると話題になる
  • 【22/7】「22/7計算中」で中の人たち初めてじっくり見れたけどすげえ可愛い【声優】
  • 【乃木坂46】齋藤飛鳥 「乃木坂はAKBを全然超えてない」「乃木坂48と呼ばれる」
にほんブログ村
にほんブログ村 ブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング RANKING
お問い合わせフォーム

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ